タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


テクネクマヤコン


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

MU2000をWin8.1(64bit)に認識させる

2014.04.09(22:26) 504

DTM環境をXP-32bit→Win8.1-64bitに移すに当たって気づいた点など書いていこうと思います(現在進行中)。
まずは題名のとおり。
まぁこんなのは記事にするほどのアレでも無いと思うんですが一応。


XPからWin8.1に移行するなら当然ドライバも新しいのを当てないといけないわけで、
MU2000の場合YAMAHA USB midiドライバってのがそれに当たります。
(つかYAMAHAのUSB接続のmidi機器全部これでいいんじゃないですかね)
とりあえずここからダウンロード
USB-MIDI Driver V3.1.3 for Win 8.1/8/7/Vista/XP (64-bit)
これですね。

説明書なんかなくしたしPDF読むのもめんどくさいのでとりあえず実行。
機器が接続されてないとか出て中止されました(><)

じゃあ先にMU2000を接続しましょってことで。
MU2000本体後ろのツマミが「MAC」に切り替えられていることを確認しつつ
電源オン。
普通ならここで新しいハードウェアが検出されましたとか出るんですけどなんか出ません。
Win8.1はそういう仕様なのか?
まぁいいやと思ってその状態でドライバ実行。
MU2000本体のLEDが見慣れた感じに切り替わり認識成功。めでたしめでたし。

あとどうでもいいことなどを続きで。


今まではCubaseでmidiを読み込んだらとりあえずMU2000で鳴らしてたので
今回もMU2000をWINに認識させたわけですが
Cubase7.5でGMのmidi開いたら自動でHalionSonicに切り替わっててビックリ。
そう言えばそういう機能って以前のCubaseにもあったような・・・
HalionOneとかで自動でGMファイル開いてたような・・・
当時のマシンじゃクソ重かったので設定でオフにしてたような・・・

今のマシンじゃ重くもなんともないので正直MU2000は
別に入れなくても良かったかもしれません☆(ゝω・)vキャピ

とは言えせっかくなのでMU2000を外部音源として登録。
動作も確認OK
外部音源の登録の仕方は別にいいよね?

XGEditorさえあればCubaseでも大活躍なんですが
調べたらXGEditor for CubaseはやはりCubase5までしか対応してない模様。

クソが!

つかXGEditorがスタンドアロンで出ればいい話なんですが。
天才ハッカー様だれか作って!

ちなみに私はSOL2も現役で使ってたんですが、ありがたいことにWin8.1_64bitでも動作するという報告がちらほら!
まだインスコしてないんですけどこれはうれしいですね!


つーわけで私が使っていたDTM関係のソフトはほぼ全部Win8.1に移行できそうなんですが
一つだけ無理なのがありました。

soundforge8


これです。
インスコしようとするとネットフレームワーク1.1入れろやボケが!
って怒られて強制終了。
OS互換機能でも無理

ネットフレームワーク1.1はWin8.1じゃ対応してないらしく、
代わりに1.1と下位互換のある3.5を入れればなんとかなるんかと思ったんですが無理でした。

それでもアレをあーして強引にインスコしてみたら立ち上がったんですが
エラー出まくりで諦め。

まぁもう最新のsoundforge11買っちゃえばいいかなと。
ユーザー登録したはずなのでアップデートで安く上がるかなーと思ったら
ユーザー登録データもどっかいっちゃって悲しい有様。

スポンサーサイト

テクネクマヤコン


<<Win8.1でシャットダウンすると速攻で自動再起動する件について | ホームへ | DPCレイテンシを駆逐しろ!その2>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://techne2.blog102.fc2.com/tb.php/504-d84b1f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。