タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


テクネクマヤコン


スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

デジカメ画像は無線で飛ばす時代

2012.10.15(01:20) 478

みなさんこんにちは。

最近面白いものを見つけたのでご紹介。

一言でいうと、無線LAN内蔵のSDHCカード。

まぁこれだけ聞いて分かるわけはなく。

どういうことができるかと言いますと、


デジカメで撮った画像を無線で飛ばせるというすごいアイテム。


私がそうなんですが、
デジカメの場合撮った後に画像をPCに取り込むには、デジカメからSDカードを抜いて、カードリーダーに挿して
それをまたPCに繋いで・・・

ってなるのがくそめんどくさい。

それがいやで結局何も撮らなかったり、スマホで撮ればいっか♪
となりがち。

スマホで撮るのは確かに賢い方法だと思います。
画像加工アプリはプロがフォトショでいじったのとほぼ同レベルのを再現できるものまでありますし。
でも生データの品質はそりゃ専門のデジカメ様には遠く及びません。
ちゃんとした写真を撮りたい場合、スマホのアプリで加工をすること前提にしても生データはデジカメで撮った方がいいわけです。
まぁ最近はandroid搭載デジカメなんてのもありますけどねーC= (-。- )


とりあえず物の写真からいきましょう



この無線LAN搭載のSDHCカードは今のとこ二種類あります。
FlashAirEye-fiです。
両者とも似て非なる物でとりあえず二つとも買いました(ブルジョワ)。

カード自体は普通のデジカメ用の物と全く同じで普通のメモリーカードとしても使えます。

で、もう一度書きますがこの両者はSDHCカード内に無線LANを内蔵しているので
撮影した写真をSDカードを抜くことなく
PCやらスマホやらに無線LAN(Wi-Fi)で送ることができます。

似て非なる物と書きましたがなにが違うかというと、

Eye-Fi
良い点
・撮った写真は撮影後すぐに自動で送り先に設定したモダリティ(PCとか)に転送される。
・クラウドサービスにも対応していて(何故かDropBoxは非対応)自動でアップロードできる

悪い点
・撮った画像は問答無用で自動で送信される。
・事前にPCでのセットアップが必須。

FlashAir
良い点
・PC等でのセットアップが必要無い。
・必要な画像を選んで受信できる

悪い点
・自動転送ではないので、結局自分で画像を手動で受信しなければならない。


何が違うかというと、
Eye-Fiには送信の機能がついている、FlashAirにはそれが無いということですね。

機能としてはEye-Fiの方が上です。

ただ私の場合、Eye-Fiの、事前にPCでのセットアップが必須というのがどうしても気に喰わん。
Eye-FiにはダイレクトモードというのがあってEye-Fiカードから直接スマホに転送できる機能があるんですよ。
事前に調べてああ、このモードならPCになにかインスコしなくてもいいんでね?と思って買ったわけですが
どうもPCへの設定ソフトインスコは必須らしい・・・
ウォークマンとかに代表される、
ファイルを転送するためだけの設定ソフトをインスコしなきゃいけないというのはもう個人的にすごく嫌なんです。
古いwindows世代の思考なんでしょうけどこんなんにレジストリいじられるとか無いわぁっていうw


というわけでFlashAirにしました!
事前の設定がめんどくさいのと、設定ソフト入れるのに抵抗無い人はEye-Fiのほうがいいと思います。


私の場合PCは有線で接続してるので画像はスマホで受信します。
さらにスマホには既にDropBoxのアプリが入れてあるので
FlashAir→スマホ→PCというコンボでPCでもデジカメ画像を見れます。


FlashAirからスマホに転送するにはWi-Fi接続を切り替えなければならなくて、
これを標準の操作でやると、結局なかなかめんどうだったりします。

そこでWi-FiManagerというアプリが活躍。
Wi-Fiの接続先をサクッと切り替えられるので労力も最小限で済みますね。


デジカメをよく使っていてWi-Fi環境ある方なら持っていて損はない製品じゃないでしょうか!

と思ってEye-Fiのページ覗いたら

え、DoCoMo用のEye-Fiカード
え?これめっちゃいいじゃん!
これ買ってればなんも苦労はしなかったんじゃ・・・

えーーーーーないわーーーーーーーーーーーーーー


スポンサーサイト

テクネクマヤコン


タイトル画像

雨にも負けず、ラグにも負けず

2010.03.28(01:53) 155

まずは

TV購入。

購入つーかやっと届いた。

Panasonic VIERA G2 です。

大きさは下に写っているムヒ的なもので想像して下さい。
(実はちょっと勘違いしてて目的のものと違う性能の型番を買ってしまった・・・)

ちなみに購入に関しては慎重派だったんですが、買わざるを得ない理由がありました。
(いずれ詳しく書きます)

で、ブラウン管移行組みからすると気になるのがラグ。

一番最初の感想は、あれ?ラグ無いじゃん!

だったんですが微妙ーーーーーーーーーーにありますね。

キャプチャのための分配器経由することによって更に少しラグが生じてます。
自分の得意コースをやるとそれがよく分かりました。

ワルスタのハーフパイプとかいつも(ブラウン管)の感覚でやったらこうなります^q^

ですがTV側にD端子環境が整ったので野良のレースも画質UP!
上のような画質重視動画も楽勝で再現できます!

これはおいしい。

今日「テクネ@テストプレイ」という名前で走っていたのはこういう理由でした。

つか交流戦までにこのラグを克服しないとまずいw

で、そのあとずーっと慣れるために野良ってたんですが最終的に9700~9900くらいで安定しました。
慣れれば何とかなりますねw

対戦したフレンドさん方々乙でした!

と、今日一部のフレンドさんと通話をしましたー!
いつも自分だけ聞き専でまわりが通話してる感じなのでw
楽しかったですw
今度延長コード買うのでマリカやりながらいきましょうw



テクネクマヤコン


タイトル画像

コンポジとS端子比較

2009.10.10(12:56) 28

あんまりにも感動したのでどうにかS端子画像をキャプできないかと考えていました。
でもテレビ側の出力がコンポジのみなのでどうしようもないなぁ…と思っていたんですが!

プレイじゃなくてキャプが目的なのでテレビ使わずにWiiとキャプチャ直接繋げばいいじゃないかと!

というわけでキャプチャ成功

画像は二種類とも3倍の単純拡大BMP。

ちなみに使用しているキャプチャはI/OのGV-MDVD3で入門機ですよね。キャプチャーとしては。
それでさえ出力でここまで差が出てます。peg2圧縮後でコレなので実機の方では当然更に画質が上と。

この差はヤバイです。

ただ当然キャプボ介しているので私のテレビだとラグだらけでプレイ自体はまともにできませんw
よって今後上げる動画は今まで通りコンポジの方になります…
プレイの方はS端子の画質で見れてるんですけどねw



テクネクマヤコン


デジタル製品・ITサービス
  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. デジカメ画像は無線で飛ばす時代(10/15)
  3. 雨にも負けず、ラグにも負けず(03/28)
  4. コンポジとS端子比較(10/10)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。